計量法における製造、修理、販売の届出について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

計量法における製造、修理、販売については、正しいもの(誤っているもの)を一つ選べ、といった問題が非常によく出題されます。それぞれについて理解しておく必要があります。

事業の届出について

製造、修理、販売の事業を行おうとするものは、それぞれに事業の届出が必要になります。

ざっくりと以下のように記憶しておくことで、少なくとも5択から2〜3択くらいにはマトを絞れるのではないかと思います。

  • 特定計量器を作る場合(製造)は都道府県知事経由の経済産業大臣
  • 特定計量器を直す、売る(修理、販売)は都道府県知事
  • 電気計器については経済産業大臣
  • すでに製造の届出をしている場合には修理、販売の届出の必要はない
  • すでに修理の届出をしている場合には販売の届出の必要はない

覚え方のコツ

単純に言葉にして暗記しようとすると「あれどうだっけ?」ってなるので、言い方は少し悪いですが、自分はこう覚えました。

作る人(製造)が一番偉くて、直す人(修理)が二番目に偉い。売る人(販売)は一番ランク下。

製造(や電気計器)に関することは一番偉い(大事な)ので経済産業大臣へ。それより下位は都道府県知事へ。

上位互換なので、上位である「製造の届出」を行なっている人は下の届出を行う必要がない。修理以下も同様。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.