騒音規制法における特定施設と特定建設作業

騒音規制法施行令における特定施設や特定建設作業の種類については「環境関係法規及び物理に関する基礎知識」の試験において稀に出る問題です。

同じく、振動規制法における特定施設や特定建設作業なんかもあるので、この辺は非常に紛らわしいです。全ての項目について覚えるのは難しいと思うので、なんとなく薄〜く覚えておけば良いと思います。

続きを読む

騒音規制法、振動規制法における都道府県知事の役割

環境関係法規及び物理に関する基礎知識において、最初の問1から問5までは必ずと言っていいほど環境関連の法規からの出題になります。

今回はその中でも出題頻度として、個人的にかなり多いと思われる騒音規制法や振動規制法より、都道府県知事の役割についてまとめます。

続きを読む

定期検査について

定期検査については計量関係法規には毎回必ずと言って良いほど出題されています。

出題傾向としては誤っているものを選べという問題の他に、正しいもの(間違っているもの)がいくつあるのか選べ、という出題形式もよく見る形なので、実施時期、対象となる特定計量器、その他用語等も含めてよく理解しておく必要があります。

試験に出そうな部分についてまとめてみました。

続きを読む

音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量 出題傾向と対策

環境計量士(騒音・振動関係)試験の音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量について出題傾向と自分なりの対策をまとめました。

とても長いタイトルですが、音響、振動に関する専門知識を必要とする分野です。これから環境計量士(騒音・振動関係)を取得するにあたって、もっとも大切な分野なので、しっかりと頭に入れておく必要があると思います。

続きを読む

環境関係法規及び物理に関する基礎知識 出題傾向と対策

環境計量士(騒音・振動関係)試験の環境関係法規及び物理に関する基礎知識について出題傾向と自分なりの対策をまとめました。

環境関係法規に関しては、毎回問1〜問5までの5問は確定で「環境基本法」、「騒音規制法」、「振動規制法」の中から出題されます。物理が苦手ならここで確実に5問は正解しておきたいところです。

騒音規制法と振動規制法は同じようなことが書いてある上に、それほどボリュームのあるものでもないので、全文読んで広く浅く、覚えてさえしまえば答えられる問題がほとんどです。僕は物理が全くわからなかったので、正直、ここに命をかけてました。

続きを読む