音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量 出題傾向と対策

環境計量士(騒音・振動関係)試験の音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量について出題傾向と自分なりの対策をまとめました。

とても長いタイトルですが、音響、振動に関する専門知識を必要とする分野です。これから環境計量士(騒音・振動関係)を取得するにあたって、もっとも大切な分野なので、しっかりと頭に入れておく必要があると思います。

続きを読む

環境関係法規及び物理に関する基礎知識 出題傾向と対策

環境計量士(騒音・振動関係)試験の環境関係法規及び物理に関する基礎知識について出題傾向と自分なりの対策をまとめました。

環境関係法規に関しては、毎回問1〜問5までの5問は確定で「環境基本法」、「騒音規制法」、「振動規制法」の中から出題されます。物理が苦手ならここで確実に5問は正解しておきたいところです。

騒音規制法と振動規制法は同じようなことが書いてある上に、それほどボリュームのあるものでもないので、全文読んで広く浅く、覚えてさえしまえば答えられる問題がほとんどです。僕は物理が全くわからなかったので、正直、ここに命をかけてました。

続きを読む

わからない問題はばっさり捨てるという選択肢

僕のように環境計量士でもなく、会社でそういった仕事をしているわけでもない、ズブズブのド・素人の場合、環境計量士試験の騒音振動や物理などの専門分野に関して「何を言っとるのかまるで理解不能」と言った問題が必ずといっていいほど出現します。

環境計量士の試験問題の範囲はとても広いです。全部網羅するのは個人的にはなかなか難しいと思います。

続きを読む

計量関係法規 出題傾向と対策

計量関係法規について、基本的には暗記問題ですが、いきなり全てのことを覚えるのはちょっと無理があると思います。まず最初は自分なりに覚えやすい範囲、試験での出題傾向の多い範囲に要点を絞ってピンポイントで勉強しておくことが重要だと思います。

出題傾向

計量関係法規の出題傾向は微妙に異なりながらも、出題される範囲に関してはそれほど大きな変動はないと思います。概ね以下のような構成で出題されています。

続きを読む